申し訳ございませんが
現在サイト休止中で
ご利用いただけません

遺品整理のことなら遺品整理なびにお任せ下さい!

作業実績1,000件以上 ※登録会社の合計年間作業件数

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

フリーダイヤル 0120-949-235

スタッフ待機中

24時間365日、遺品整理業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-235

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

2014-12-25

貴重品の取り扱い

遺品整理の際に問題になるのが、貴重品の取り扱いです。遺産相続は基本的に故人の遺したもの全てが対象になりますが、ひと通りの遺産の分配が終わった時点で、故人も忘れていたようなタンス貯金や、ゴミ同然と思っていた骨董品が希少価値の高い作品であったりして、それらの取り扱いが難しい場合があります。これらの物を無断で自分のものにしたり、売却したりすると後で売却利益などを要求される場合がありますので無断での遺産取得、処分は避け無ければいけません。また、故人の遺言状に分配の割合が書いてある場合はそれに従う必要があります。ただ、故人がそういった文書を残さずに亡くなられる場合も多く、特に孤独死や孤立死ではそういった傾向が強いようです。遺品整理中に価値のありそうな遺品を発見した場合は、速やかに遺族同士で情報を共有して、分配についてお考えください。業者の整理作業中にそういったものが発見された場合は、当然遺族への報告義務がありますが、悪徳な業者ですとそれらの遺品を無断で盗むということもあり得るので、遺品整理を業者に委託する場合は、その業者が本当に信頼できる業者かどうかをよく考えてから依頼するようにしましょう。

バックナンバー