申し訳ございませんが
現在サイト休止中で
ご利用いただけません

遺品整理のことなら遺品整理なびにお任せ下さい!

作業実績1,000件以上 ※登録会社の合計年間作業件数

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

フリーダイヤル 0120-949-235

スタッフ待機中

24時間365日、遺品整理業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-235

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

2015-7-14

初めて行う人に勧める遺品整理の進行手順

故人の残した品物を「残す物」と「残さない物」に整理する遺品整理を初めて行なう時には、どのように行って良いのかわからないという人も沢山いると思います。そんな方の為に、遺品整理の基本的な進行手順や注意点を踏まえながら紹介していきたいと思います。

1、自分の気持ちを整理する
遺品整理を行なう上で気持ちの整理は非常に重要です。遺品整理とは故人の思い出が詰まった品を整理するのですから、自分の気持ちの整理が付いていないまま始めてしまっても中々作業は捗りません。

2、品物を種類別に分ける
故人の残した品物には様々な種類の物があり、それぞれ整理の方法も異なりますので、一つ一つ整理していては非常に効率が悪いです。まず品物を種類別に分けてからまとめて整理することで効率よく遺品整理を行えるようになります。

3、整理の方法を決める
遺品整理には様々な種類の整理方法が存在します。例えば形見分けとして身内や友人にお渡しする。リサイクルショップに売却する。ゴミとして処分をする。などがあります。遺品整理を行なう時には整理方法も予め決めておいた方が良いでしょう。

このように自分の気持ちを整理した後、故人の品物を種類別に分けた後にそれぞれに適した方法で遺品整理を行なうことでスムーズに作業することができます。また、気持ちの整理がつかない、遺品整理を行なう時間が取れないという場合は、遺品整理を業者に任せるという方法もありますので、状況にあわせてご検討下さい。

バックナンバー