申し訳ございませんが
現在サイト休止中で
ご利用いただけません

遺品整理のことなら遺品整理なびにお任せ下さい!

作業実績1,000件以上 ※登録会社の合計年間作業件数

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

フリーダイヤル 0120-949-235

スタッフ待機中

24時間365日、遺品整理業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-235

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

2015-7-21

急がなければならないケースも

大切な人が亡くなった場合、葬儀の手配、納骨のためお寺さんやお墓の手配、喪が明ける四十九日法要の手配など、やらなければならないことが山積みで、 一番悲しいはずの家族には皮肉にも悲しむ暇があまりないのが現実です。ところでその忙しさのために見落としがちなものの一つに「遺品整理」があります。遺品整理など気持ちが落ち着いてからゆっくりやればいいと思うかもしれませんが、のんびりしていられないケースもあるので注意が必要です。1つは故人が部屋を賃貸していた場合。借主が亡くなっても契約自体は継続したままなので、放っておけば家賃を払い続けなければなりません。ですから早めに解約の旨を連絡して、退去と同時に遺品整理を行うのが一番良いタイミングです。もう1つは相続税がかかるような遺品がある場合。遺品の中には相続税がかかるようなものも沢山含まれています。手続きを放置して相続税の支払いを怠っていると、重加算税が発生して余分に払わなければならない羽目になりますので注意しましょう。故人が亡くなってから10ヶ月以内に手続きを終わらせる必要があります。このように遺品整理ものんびりという訳にはいかないので、なるべく早めに対応してくことが重要ですが、とはいえ悲しみのためにあれこれ考える余裕がないという人もいるはずです。そういった時は是非本サイト「遺品整理なび」をご利用ください。遺品整理のプロが親身になって遺品整理のお手伝いをしてくれます。

バックナンバー