申し訳ございませんが
現在サイト休止中で
ご利用いただけません

遺品整理のことなら遺品整理なびにお任せ下さい!

作業実績1,000件以上 ※登録会社の合計年間作業件数

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

フリーダイヤル 0120-949-235

スタッフ待機中

24時間365日、遺品整理業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-235

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

2015-10-29

遺品として残すものを書き出しておきましょう

人の「死」はいつ訪れるかわかりません。昨日まで元気だった方が突然亡くなるなんてこともあります。死というものは大事な人になればなるほど、家族や関係者にとって非常に受け入れ難いことではありますが、しかし生と死は自然の摂理、生きる者にとっては等しく訪れる避けられないものです。悲しい現実も受容して、その方の分まで人生を精一杯生きることが、その方への一番の弔いになるのではないでしょうか。現実を受け入れる際、気持ちの区切りとして行って頂きたいのが『遺品整理』です。故人が生前に生活していたままを残しておきたいという気持ちはもっともですが、それではただ想いを引きずるだけになってしまいます。だからと言って故人の所有物を全部を捨ててしまえというわけではなくて、最小限の形見だけ残す「整理」をしましょう。整理後は手元に残さないもの、つまり処分品が発生しますので、本サイト「遺品整理なび」から遺品処分業者に依頼して遺品整理を進めると大変便利です。今回は、遺品整理をスムーズに進めるポイントの一つをご紹介します。
◯遺品として残すものを書き出す
業者に依頼したものの、遺品整理当日に確認しながら作業するのでは効率が悪く時間がかかってしまいます。一度全てに目を通して、家族とよく話し合いながら残すものを数品だけ、事前に書き出しておきましょう。
書き出しをしておけば、それを業者さんに渡しておくだけで間違って処分することを防げます。

バックナンバー