申し訳ございませんが
現在サイト休止中で
ご利用いただけません

遺品整理のことなら遺品整理なびにお任せ下さい!

作業実績1,000件以上 ※登録会社の合計年間作業件数

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

フリーダイヤル 0120-949-235

スタッフ待機中

24時間365日、遺品整理業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-235

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

2015-11-6

遺品の片付けは十分ご注意ください

遺品整理と肝炎。 一見すると何の関係性も無さそうな2つの事柄ですが、実は密接に関係しています。 特に、故人が糖尿病などの治療でインスリン注射を自分でしている場合に注意が必要です。 注射針の先端部には、それを使用した人の血液などが付着しています。その針が間違って他の人の肌に刺さったりすると、血液が一部体内に侵入します。 この血液が問題で、中に様々な物を含んでいます。もちろん、少量なので輸血などの際に問題になる血液型は、あまり影響しません。 一番気をつけるべきは、その中に肝炎ウィルスが入っている可能性です。こうした事故は現在でも報告されており、注射針の取り扱いは、かなりの注意が必要なものになります。 ですが、故人がそういった治療を受けていたことを知らずに、ゴミの片付けなどの際に注射針に触れてしまうのは十分に有り得ることですから、細心の注意を払いましょう。軍手やスリッパなどはもちろんのこと、注射針を見つけたら、絶対に手に刺さらないように処分しましょう。 遺品整理のことで不安なことがあれば、まずは一度当サイトにご相談ください。当サイトでは遺品処分業者のご紹介、および最大3社の見積もりを無料で行えます。

バックナンバー