申し訳ございませんが
現在サイト休止中で
ご利用いただけません

遺品整理のことなら遺品整理なびにお任せ下さい!

作業実績1,000件以上 ※登録会社の合計年間作業件数

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

フリーダイヤル 0120-949-235

スタッフ待機中

24時間365日、遺品整理業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-235

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

2015-12-22

実家の遺品整理

核家族化が進み、親と離れて暮らす世帯が、同居世帯に比べて圧倒的に多い状況です。実家を出ている方にとって、親御さんが亡くなった後、実家の遺品整理をしようとなると大変な困難が待ち構えています。 高齢の方の中には物を大切にする「もったいない」精神で、とにかく物を捨てられないという方も多くいらっしゃいます。数十年前の若い頃に着ていた洋服、来客用の大量の布団や座布団、デパートの紙袋など、使わない物であっても大量に保管されていることは珍しくありません。お子さんのランドセルや文集、絵など、ご自身の小さな頃の思い出の品も大切に保管してくれています。簡単に捨てられる物ならまだしも、思い出の品や貴重品など処分が難しい物を抱えての遺品整理は、多大な時間と労力が必要になります。 実家という物理的に離れた場所の遺品整理は、毎日少しずつ整理するというわけにはいかず、兄弟、姉妹らが集まることのできる限られた日数で行わなければならない場合もあります。また、遺品に触れることで親を失った悲しみを思い起こし、作業が遅々として進まないということもあります。 故人の思い出の品を処分するということは誰しも心が痛むものです。しかし心の整理をするためにも処分を決断することは必要です。どうしても身内だけでは処分が進まないという場合は、プロの遺品整理業者の手を借りるのも選択の一つです。

バックナンバー