申し訳ございませんが
現在サイト休止中で
ご利用いただけません

遺品整理のことなら遺品整理なびにお任せ下さい!

作業実績1,000件以上 ※登録会社の合計年間作業件数

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

フリーダイヤル 0120-949-235

スタッフ待機中

24時間365日、遺品整理業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-235

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

2016-1-21

自らの遺産整理も重要です

考えたくはないことですが、いつかは自らにも死は等しく訪れます。皆さまの中には親しい友人を亡くしたり、大切な家族を失った経験がある方も多いと思います。病気や事故で急に亡くなってしまったケースもありますので、自らにお迎えが来た後のことも一度考えておく必要があります。遺書を毎年更新して遺志を残しているマメな方も居るとは思いますが、亡くなった後の自らの収集品や嗜好品について細かく遺書に記載している方はそう多くないでしょう。故人の遺産整理をした経験がある方には頷く方も多いと思いますが、実は遺産整理で困ってしまう物の一つが書籍や置物などの収集品の整理です。例えば骨董品の収集が趣味の方の遺産整理を行った場合、遺産整理を行う側にも骨董品の価値を把握いる必要があります。売ったほうがいいのか、家宝として残しておいたほうが良い物なのかの判断は難しいですよね。もちろん思い入れがある物は一緒に残しておいてほしい方も多数いるかと思います。そういった方はきちんと収集品や嗜好品などの遺産についても意志をはっきりと示しておく必要があります。大切な家族に気持ちや想いを残すためにも、ぜひこの機会に遺書を一筆認めてはいかがでしょうか。今のうちから価値の分かる遺産整理の業者を選んでおけば、品毎に細かく記載する必要もありませんので、このサイトで一度相談してみてはいかがでしょうか。

バックナンバー