申し訳ございませんが
現在サイト休止中で
ご利用いただけません

遺品整理のことなら遺品整理なびにお任せ下さい!

作業実績1,000件以上 ※登録会社の合計年間作業件数

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

フリーダイヤル 0120-949-235

スタッフ待機中

24時間365日、遺品整理業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-235

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

2016-1-26

大切なものの取扱い

故人が残した遺品が大量にある場合、時には不用品として処分、売却できるものもあるかもしれませんが、逆に大切な遺品が見つかることもあります。それは箪笥の引き出しを一つ一つ開けた時に出てくる着物や愛用品かも知れませんし、時には財産として重要なものかもしれません。そうした重要な遺品が思いがけず発見された時にはどんな対処をすればいいのでしょうか、遺品は故人と親族の意向に沿って取扱えばいいものですが、ここでは一般的な方法を幾つかご紹介しましょう。 遺品整理でよく見つかる大切なものは故人の愛用品です。衣類、趣向品、趣味のコレクションなども同じように考えることがあります。こうしたものは親族や故人の知り合いに相応しい人がいれば形見分けとして譲られることが多く、それぞれに思い出の品や貴重なものとして管理されることが望まれます。この時は、譲られた相手が迷惑ではないかという点に十分注意して、後のトラブルにならないよう注意するようにしましょう。そして、故人の使っていた布団など、人に譲るのに適さないものの場合はただ処分するのではなく、寺院などに頼んで供養を行い処分することが考えられます。この他、骨董品などの財産価値の高いものがあれば、適正な価値の設定や財産としての所持なでど法的な考え方も必要になることがあります。。遺品整理業者の中にはそうした知識に精通している業者や、関連する業者を紹介してくれるところもあるので、気になった時には相談して正しい取扱いを検討するといいでしょう。

バックナンバー