申し訳ございませんが
現在サイト休止中で
ご利用いただけません

遺品整理のことなら遺品整理なびにお任せ下さい!

作業実績1,000件以上 ※登録会社の合計年間作業件数

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

フリーダイヤル 0120-949-235

スタッフ待機中

24時間365日、遺品整理業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-235

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

2016-2-15

愛用品の取扱い

遺品整理で取扱うものは故人が生活していた環境に応じて増えることがあり、机の引き出しや衣類のポケットなどにも注意して数多くの遺品を確かめながら作業が行われていきます。ですから、時には思わぬところから故人に縁の深い遺品が発見されることもあり、それぞれに適切な取扱いを考えなければいけません。遺品の内容が明らかな不用品であったなら処分や買取を考えるのが適切ですし、財産としての価値があるものは、法律や故人の遺言などに従って対応する為に分けて保管するなどが望ましいでしょう。では、故人の愛用品など、一般的に見た価値と、親族や関係者からみた価値が違うものではどんな風に整理するのが遺品整理として適切でしょうか。こうしたものは親族でも取扱いに迷ってしまうことが多いようです。<br> そんな場合には大きく2つの方法が考えられます。例えば故人の愛用していた高級な万年質などが発見されたとしたら、不用品と言うには勿体無いものですし、財産とするには大げさだと考えられます。そうした遺品は故人と近しい人物などに形見分けとして譲り渡すことがあります。譲られた人が迷惑に感じないかなどには注意が必要ですが、遺品を大切にしてくれる人に送ることができれば立派な遺品整理の方法になるのです。また、故人の布団など他の人が使うのは難しいものは、寺院などで供養をすることもあります。読経を行ったり、お焚きあげで焼却することで遺品として丁重に処分する方法です。こうした判断は難しいこともありますが、多くの遺品整理業者ではそうした作法にも広く精通しているので、迷ったら相談してみると良いでしょう。

バックナンバー