申し訳ございませんが
現在サイト休止中で
ご利用いただけません

遺品整理のことなら遺品整理なびにお任せ下さい!

作業実績1,000件以上 ※登録会社の合計年間作業件数

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

フリーダイヤル 0120-949-235

スタッフ待機中

24時間365日、遺品整理業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-235

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

2016-5-3

遺品整理は心の整理

遺品整理には、この期間にやらなければいけない、という明確な期限などはありません。ですが、ご家庭の都合や親族間での話し合いの結果によっては、すぐにでも行う必要がある時もあるでしょう。遺品整理の本来の意味合いは、片付けや財産分与にあるのでしょうが、また別の意味もあります。遺品整理は、心の整理になる場合があります。悲しみをいつまでも引きずってしまい、何事にも手が付けられず、どんどん沈んで行ってしまう人も中にはいます。故人を想うことは決して悪いことではありませんし、それだけ親密な関係であったのであれば、当然とも言えます。そうした人たちは、全てではないですが、何かきっかけがあれば、自分の気持ちをリセットし、新たなスタートを切ることができるのではないでしょうか。遺品整理を行う事で、本当の意味で故人を見送るとともに、ご自身も前向きになれるかもしれませんね。しかし、沈んだ気持ちでは、手が付けられないことが多いですし、仮に遺品整理を始めても、何かを見つけるたびに思い出し、手が止まってしまったり、余計に沈んでしまうかもしれません。そして、本当は思い出として残しておきたい物やとても価値のあるものを誤った判断で捨ててしまえば、再び手に戻すことは難しく、後悔しても手遅れになってしまいます。そんな時は誰かに頼ってみましょう。必ずしもご自身がやらなければいけないわけではないのですから、休んでしまってもいいのではないでしょう?無理せず、落ち着いてからやるのもいいと思います。どうしても事情があり、ご自身がしなければいけないのであれば、遺品整理を代行している業者などもありますので、一度相談してみるのもいいでしょう。

バックナンバー