申し訳ございませんが
現在サイト休止中で
ご利用いただけません

遺品整理のことなら遺品整理なびにお任せ下さい!

作業実績1,000件以上 ※登録会社の合計年間作業件数

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

フリーダイヤル 0120-949-235

スタッフ待機中

24時間365日、遺品整理業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-235

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

2016-6-2

遺品たちの行方

故人の遺品を適切に整理する遺品整理。少子高齢化が叫ばれる現代の日本では、今後さらなる需要が予想されるサービスです。そのため業者によっても詳細なサービス内容は異なるため、事前に良く調べておくことで遺品整理を気持ちよく進めることができるでしょう。 遺品整理では、時に大量の遺品を取り扱うことがあります。その遺品は、一体どのような運命をたどるのでしょうか。一つは「形見分け」という方法があります。これは、思い出深い遺品を故人と親しかった人たちで分け合うことを言います。しかし形見分けされる遺品はそう多くありません。対象とならなかった遺品はどうなるのでしょうか。 手元に残らない物は「お焚き上げ」「分別しての処分」「リユース」の対象となります。お焚き上げは、遺品をきちんと供養することができますし、分別処分は予算が限られている方には頼もしいサービスでしょう。また、まだまだ使えるものなどは業者が買い取り、新たな所有者の元で再利用されるということもあります。遺品整理では、整理その物はもちろん、その後遺品をどのように扱うかまで考えるようにしましょう。しかしいざその時になると、そのようなことを考える余裕は無いかもしれません。万が一の訃報に備えることは、決して不謹慎なことではありません。故人との別れを綺麗にするために、このようなことを考えるのに早すぎるということは無いのです。

バックナンバー