申し訳ございませんが
現在サイト休止中で
ご利用いただけません

遺品整理のことなら遺品整理なびにお任せ下さい!

作業実績1,000件以上 ※登録会社の合計年間作業件数

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

フリーダイヤル 0120-949-235

スタッフ待機中

24時間365日、遺品整理業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-235

ぴったりの業者を今すぐご紹介 遺品整理業者紹介

2016-7-4

遺品整理と遺産整理は異なります

遺品整理の作業は、簡単なものではありません。故人の遺品の量にもよりますが整理するのに膨大な時間がかかりますし、気持ちの整理がつく前に遺品整理をしないといけない場合は精神的な負担も大きくなってしまいます。
ところで、皆様は「遺品」と「遺産」が違うのはご存知でしょうか?似た様な言葉ですし、「同じじゃないの?」と思っている方も沢山いらっしゃるでしょう。 今回は「遺品整理」と「遺産整理」の違いについて、お話していきます。
では、遺品と遺産はどう異なるのでしょうか。一般的な違いは、財産的換金ができるか、そうでないかで分けられる場合が多いです。お金に換金できるものは遺産、そうでないものは遺品となります。具体例を挙げますと、金銭や土地や株券などは遺産整理となり、故人が遺した衣類や家具などは遺品整理となります。
しかし、高価な時計や指輪などの貴金属はそのもの自体が高価なため、遺産となるか形見の遺品になるかトラブルになりやすいです。トラブルを避けるためにも、誰が形見をもっておく様にするか話し合いをされる事をお薦めします。
遺品整理を行う際にはどこまで処分して、どこまでを形見分けとしてとっておくか悩ましい所です。ご自身で遺品整理を行うのが大変な場合は、業者の手を借りて整理されるのも良いでしょう。遺品整理をする事によって、故人の想い出と共に気持ちの整理ができると幸いです。

バックナンバー